賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット
賃貸は、今ではどこにでもある。私自身も独身時代には、一人暮らしで賃貸アパートに。結婚して子供を持つまでは、ファミリー向けの賃貸アパートや、マンションに住んでいた。賃貸は、メリットがたくさんある。一人暮らしの時は、学校が近い。職場が近い。駅が近い場所から、都心部にすぐ行ける場所など、それぞれに合わせて選んでいた。実際、場所が不便だったりしたら引っ越せばいい話である。

家族が出来て、自分だけの意見ではなくなったものの、やはりいつ引っ越しても問題がない賃貸物件を選んで住んでいた。共働きの時は、駅の近くで便利な場所。いざ自分が仕事を辞めてからは、都心部から少し離れてはいるが、車で比較的どこにでも行ける場所を。それぞれのライフスタイルに合わせてエ選び、変えることも出来る。

しかし、デメリットとしては、毎月家賃がかかる。どんなに長く住んで家賃を払っても、自分の所有にはならない。それをふまえて、うちでは、子供の出産を機に、住宅の購入を決断した。今は、家賃とさほど変わらない金額で、住宅の購入が可能だ。賃貸物件では、家賃の他に、駐車場代、管理費などもかかる為、総額でいえば、住宅ローンとさほど変わらない。しかし、購入してしまえば財産となる。その分、すぐには引っ越せず、近所付き合いなども出てはくるが、自分に合ったスタイルで決断すべきである。