賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸の最大のメリットは引越しのしやすさです。

賃貸に住むメリット、デメリット
賃貸のメリットとは、何といっても引越ししやすいことです。一戸建てや分譲マンションを購入している場合は、そうそう簡単に引越せるものではありません。ローンを組み直すのか?自分の次にその物件を買う人がいるのか?その他にも色々な問題が出てきます。引越ししやすいのは、言うまでもなく賃貸の方です。

家族の人数は、増えることもあれば減ることもあります。増えるパターンとしては、独身の方が結婚する場合、ご夫婦にお子様が誕生する場合、などがあります。また他にも、年老いたご親族の方を引き取って面倒を見るといったケースも考えられます。逆に家族の人数が減るのは、不幸な出来事があった場合というのがまず考えられます。他に、大きくなったお子様が遠くの学校に進学する場合、または社会人となり独立する場合、ご結婚して出ていく場合、などもあるでしょう。出ていったご家族が戻ってくるのも珍しいことではありません。

部屋数の少ない狭い物件に住んでいて、ご家族が増えた場合、或いは幼かったお子様がお年頃になってきた場合などは、金銭に余裕があれば広い物件に借り替えると快適に暮らせるようになります。その反対に、家族の人数が減りお一人様、またはお二人様になったのに、部屋数の多いマンションや広い一戸建てを借り続けて、高い賃料を払い続けるのは得策ではありません。お金を借りてでも引越すべきでしょう。その後は狭い物件で安い賃料を払って生活すれば良いのです。このように、家族の人数の増減に合わせて引越ししやすいというのは、賃貸の最大のメリットと言えるでしょう。