賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

不動産の賃貸経営をするなら貸家

賃貸に住むメリット、デメリット
私が不動産の賃貸経営をするとしたら貸家をいくつか所有すると思います。私が住んでいる地方の都市では家族向けの貸家の方が長く住んでもらえるし、それなりの設備や間取りを確保できれば相応の家賃で安定収入が得られるからです。アパート経営もありますが、私はアパートよりも一戸建ての貸家の方が人気があると思うのです。貸家なら持ち家ではありませんが、立派な一戸建て住宅に住んでいる気持ちになるので、特に子供がいる家庭ではアパートよりも貸家が良いと思うのです。

ファミリー向けのアパートも需要はあるのですが、遊び盛りの子供を持つ親にとっては上下階の入居者に対する遠慮や申し訳なさが付きまといます。また、子供が大きかったり、巣立っていった人にとっては、逆に上下階の子供の音に悩まされることに直面するかもしれません。一方、貸家の場合はどんなに騒いでも隣に聞こえるかどうかですが、建物内で大きな音がするわけではないので、気分的には楽だと思います。また、庭付きという付加価値があれば入居者募集で困ることはないと思います。