賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

会社借り上げの賃貸で退職した場合

賃貸に住むメリット、デメリット
以前であれば終身雇用が当たり前でしたが、今はその考えは少なくなっています。年功序列も崩れていますから、一つの会社にいるからといって給料は保証されません。転職をする人も多くなっています。会社に勤めるにあたって勤務地から離れて住むような場合は、会社の方から住宅の給付を受けられる場合があります。会社が契約をして、社員は会社に一部を支払う形になっていました。退職をするとき、そのまま住み続けることはできるかです。これが個人で契約をしていたなら、支払いが会社から個人になるだけです。しかし、会社が契約をし、会社が別の社員に使わせたいと考えるなら退去しなければいけません。でも、この人のためだけに契約をしていたなら話は別です。

賃貸の契約者を会社から個人に変更することによって、その人が住み続けることは可能です。そのときには敷金の精算などの問題があるでしょう。会社が敷金を返金してもらい、個人で新たに敷金を納める必要があるかもしれません。