賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸物件を知り合いの留守番として利用する

賃貸に住むメリット、デメリット
家族で住む場合、子供が留守番をすることがあります。あまり小さい子供ではできないこともありますが、それなりに大きくなればできるでしょう。子供のする番はせいぜい数時間程度になると思います。ある賃貸物件に住んでいる人が、一定期間部屋を空けなければならなくなりました。いい物件なのでそのまま契約をしておきたいです。でも、数箇月も空けるとなると中の様子も心配です。そこで近くに住んでいる知り合いに留守番をしてもらうことにしました。

このような利用は又貸しのようにならないかです。荷物がそのままで、表札もそのまま、さらに留守番代を支払っている場合は、又貸しとはされません。留守番する人が賃料として借り主にお金を入れるとなると又貸しになる可能性があります。

又貸しは法律上は禁止されていますが、事情をきちんと話し大家さんが承諾をしたのであれば行うことができます。黙って行って、退去を命ぜられるのが最も避けたいパターンです。大家さんに話をするのをお勧めします。