賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸に住むメリット、デメリット

賃貸の繁忙期と閑散期について

賃貸に住むメリット、デメリット
不動産業界なのですけれども、忙しい時期と、静かな時期があるのです。繁忙期と言えばどういった時期になるのかというと、それは、年が明けてから三月頃までが繁忙期と呼ばれる時期になっています。その時期となると、部屋を探している人や、他にも、物件数も非常に多くなる時期なのです。しかし、同時に、良い物件も多くなりますから、人気物件はすぐに埋もれるという事を考えておかなければならないのではないでしょうか。だからこそ、素早い情報収集が必要になって来るのです。それだけではありません。決断力も必要になって来るのです。そればかりでは無く、家賃交渉というのはこの繁忙期の時期というのは、諦めた方が良いのかもしれません。

逆に言えば繁忙期では無くて閑散期ならば、その交渉というのはけして無理な物では無くなって来るのです。どうしてかというと、やはり大家さんとしても、賃貸の入居者に入って貰わなければ利益が得られなくなるからです。そうなれば少し家賃を妥協してくれる可能性も出て来るかもしれません。ただし家賃の妥協の場合ですと、他の住人との公平性にかけてしまう事を考える大家さんも多いかもしれません。だから、せめて、礼金などをまけてくれる可能性に賭けた方が良いのかもしれません。

お役立ち情報